PROFESSOR MUHAMMAD YUNUS LAUNCHED SOCIAL BUSINESS IN ALBANIA

ムハマド・ユヌス教授はアルバニアでソーシャルビジネスを始めた

2013年1月28日10時43分(月曜日)

ムハマド・ユヌス教授は、2013年1月21日(彼の3日間の滞在のうちの初日)、ティラナビジネスグループ(ドイツの企業リンドナーグループのアルバニアへの出資)との職業訓練におけるソーシャルビジネスジョイントベンチャー出資に合意した。

式典はアルバニア首相サリ・ベリシャの同席のもと、アルバニアのティアラビジネスパークの建設現場にてとりおこなわれた。職業訓練センターにより、若者の失業者に多くの需要ある技術が提供されるだろう。センターはまず、新たな配管工、電気工、産業用機械工を育てる。そして、後に多くの科目が追加されることとなっている。職業学校はティアナビジネスパークキャンパスに作られ、ティアラビジネスパーク sh.p.kとドイツの親会社の専門知識を身につけることができるだろう。

ムハマド・ユヌス教授は北のシュコドラ地域で2つの手工芸ワークショップの女性に会うことから3日間の滞在を始めた。ユヌス教授はヤギのミルク生産者のToninKoleci氏と地方の「スローフード」レストラン経営者AltinPrenga氏に会った。

2013年1月22日、ムハマド・ユヌス教授は名誉ゲストとして、アルバニアソーシャルビジネスデイというイベントに参加した。アルバニアの首相、H.E.サリ・ベリシャを始め、政府の優れたメンバーたち(労働、社会情勢、機会均等に携わる省のSpiro Ksera大臣、財務省のRidyan Bode大臣、農業に携わる省のGencRuli大臣、教育に携わる省のMygeremTafaj大臣)もそのプログラムに参加した。

その後、ムハマド・ユヌス教授はユヌスソーシャルビジネスを代表して、アルバニアの8つの大学との合意に達した。その大学とは、ティラナ大学、ティラナ農業大学、エポカ大学、ティラナ欧州大学、エルバサン大学、コース大学、ティラナニューヨーク大学、ティラナビジネス大学である。

MoUsによれば、教える内容にソーシャルビジネス理論と実践を含むこと、ソーシャルビジネスの考えを研究や他のジョイント活動に組み入れて教える共同努力することが約束されている。

彼はソーシャルビジネスの概念を宣伝したり、ソーシャルビジネスのサポートをするプログラムを共同で作ったりするため、国際開発計画、国連女性機関、アルバニア投資開発機関と共にMoUsにサインした。

hard-extreme.com tellyseries