Illustrated Children's Book on Muhammad Yunus' Life and Work, “Twenty-two Cents: Muhammad Yunus and the Village Bank”

By Paula Yoo
Illustrated by Jamel Akib
Published April 1st 2014 by Lee & Low Books

Paula Yoo - Author
is a graduate of Yale University and Columbia University Graduate School of Journalism. She earned her MFA in creative writing from Warren Wilson College. She is a television writer and freelance violinist living in Los Angeles. Her TV credits include The West Wing and Eureka.

Jamel Akib
is the illustrator of Krishnaswami's Monsoon, for which he won the Marion Vannett Ridgway Award for Illustration, as well as Tan to Tamarind. His award-winning work has also appeared in numerous museum and gallery shows in England, including several Best of British Illustration exhibitions. A full-time illustrator of English and Malaysian ancestry, Akib now lives with his family on Leigh-on-Sea, Essex, England.

Growing up in Bangladesh, Muhammad Yunus witnessed extreme poverty all around and was determined to eradicate it. In 1976, as an Economics professor, Muhammad met a young craftswoman in the village of Jobra who needed to borrow five taka (twenty-two cents) to buy materials. No bank would lend such a small amount to an uneducated woman, so she was forced to borrow from corrupt lenders who charged an unfair interest rate, and left her without enough profit to buy food. Muhammad realized that what stood in the way of her financial security was just a few cents.

Inspired, Muhammad founded Grameen Bank where people could borrow small amounts of money to start a job, and then pay back the bank without exorbitant interest charges. Over the next few years, Muhammad’s compassion and determination changed the lives of millions of people by loaning the equivalent of more than ten billion US dollars in micro-credit. This has also served to advocate and empower the poor, especially women, who often have limited options.

Twenty-two Cents is an inspiring story of economic innovation and a celebration of how one person—like one small loan—can make a positive difference in the lives of many.

REVIEWS FOR TWENTY-TWO CENTS:
By Kirkus Reviews
Microbanks aren’t new, although they are gaining prominence. Here is the story of the first—or at least the formal first—and the one that gained the most notoriety. Muhammad Yunus grows up in the far-eastern part of India before Partition, in what is now Bangladesh. Although his father makes a decent living, Muhammad is exposed to poverty every day, from beggars at his door to the poor encampments he sees during his Boy Scout excursions. He graduates university, and each day as he walks to work, he passes a woman making stools from bamboo; she is obviously in dire financial straits. He stops to speak with her, to learn her circumstances. Yoo tells the story clearly and unflinchingly, though compassionately, explaining to readers the dreadful trap of the debt cycle. That is lesson No. 1 in this book: The debt cycle is a global plague. Yunus realizes that a simple monetary gift will not help the women out of poverty, but a tiny loan that brings her and other village women into entrepreneurship can. This is lesson No. 2 and what earns Yunus the Noble Peace Prize. Akib’s artwork is drawn in hot shades of pastel that are at once unforgiving and exhilarating. A heart-gladdening testament to pulling your own suspenders tight, with a little help from your friends.
By Booklist
In this illustrated take on the unusual topic of microcredit banking, Yoo and Akib bring to life the remarkable work of Muhammad Yunus and the Grameen Bank. The account begins with Yunus’ birth in Chittagong, India, in 1940, and moves chronologically through his education in Bangladesh and the U.S., the founding of the bank in 1977, and his Nobel Peace Prize in 2006. Threaded through the narrative are glimpses of the moments that sustained and inspired him: his father’s advice to “learn from the world,” the shocking poverty he saw all around him, political activism, and the potential he recognized in the determination and integrity of working women. Akib’s pastel illustrations are at once impressionistic and realistic. The rich, light-infused colors brighten this biography just as Yunus’ work brightens the lives of real women and families whose destinies have been transformed. Best suited for a middle-grade audience, this eye-opening picture book provides an affecting look at how simple ideas can change the world.
By Publishers Weekly
In detailed and inviting prose, Yoo shares the story of activist and Nobel Peace Prize winner Yunus, beginning with his childhood in the city of Chittagong (then part of India). Yoo describes Yunus’s growing awareness of the injustice of global poverty and of the power of peaceful protest to incite change. Scenes include Yunus’s presence on the steps of Capitol Hill, where he rallied for peace between Bangladesh and Pakistan, and his return to a ravaged Bangladesh following the war, where his compassion and economic knowledge lead to the development of Grameen Bank. Akib’s grainy, jewel-toned chalk pastels contrast a sense of scarcity and deprivation with one of warmth and humanity. Yoo makes the significance of Yunus’s contributions understandable, relevant, and immediate.
By School Library Journal
This poignant picture book biography describes Muhammad Yunus, the man who developed microcredit, or the economic movement that gives small loans to the impoverished and that is breaking the cycle of rural poverty around the world.Born into a middle-class family in what is now Bangladesh in 1940, Yunus studied economics in America as a Fulbright scholar, where he saw Vietnam War protests and was “impressed by the students’ belief that they could make a difference.” Returning to Bangladesh after its brutal war for independence, Yunus was overwhelmed by resulting poverty, drought, and exploitation by moneylenders. He met a struggling craftswoman. Though she only needed 22 cents, she was denied a loan because her illiteracy and poverty made her a “banking untouchable.” In response, he founded Grameen (Village) Bank to make small loans to the poor, and the concept of microcredit was born. Honored in 2006 with a Nobel Peace Prize, Yunus accepted and in his speech celebrated “the hundreds of millions of women all around the world who struggle every day to make a living and bring hope for a better life for their children.” Yoo’s text is straightforward and detailed, and her story of a true hero of the modern world will resonate with students, while the accompanying illustrations enhance the narrative through line and color in soft chalk pastels. Back matter includes a bibliography of sources, an afterword with information about poverty in America, and an update on Yunus’s life since his retirement in 2011. This hopeful and inspiring tale sheds light on an important but little-known subject who made a huge difference.
By The Horn Book Guide
This inspiring biography of Bengali “Banker to the Poor” Muhammad Yunnus begins with precepts he learned in his childhood. Yunnus’s path to becoming an economist known for small, low-interest loans to the impoverished (micro-credit) and to receiving the Nobel Peace Prize is backdropped by striking chalk-pastel illustrations in vibrant colors.
By Geo Librarian
Twenty-two Cents is an inspiring story of economic innovation and a celebration of how one visionary person–like one small loan–can make a positive difference in the lives of many.
By OmniLibros
Accurate and authentic soft chalk pastels enhance this true story.
By The Lit Ladies
Paula Yoo has written a beautiful book, Twenty-two Cents, about Muhammad Yunus and his work in Bangladesh to help people borrow money, as low as 22 cents, and pay it back without huge interest rates. The book is PERFECT for elementary-school aged children. I was touched by this man and his story and how Paula Yoo was able to put such difficult concepts into ideas kids could understand. The wonderful illustrations by Jamel Akib just add to the book’s beauty.
By Sally's Bookshelf
In this book, Paula Yoo tells the story of Muhammad, who was awarded the Nobel Peace Prize for his service to his community and the wider world. But it's more than a biography; she infuses each page with cultural context and brings the reader into a world where 22-cents can make the difference between feeding a family and starving. Put this one on your "must read" list!
By Richie's Picks
It’s inspiring to read about someone who saw a problem, identified it, and came up with a brand new solution rather than just accepting things the way they were. As a child and adolescent, I occasionally read books that caused me to see things differently, books that changed my life. Investing ten or fifteen minutes in reading TWENTY-TWO CENTS could well have a similar effect on many of today’s young people.
By Mitali's Fire Place
Without overstating Yunus' humble and yet not impoverished background, Yoo and Akib make it clear that this world-changer didn't come from privilege. Children in all circumstances will be inspired by Yunus' life and by the difference he has made throughout the planet. I pay attention to cultural details about my own Bengali heritage, and Akib didn't disappoint with his accurate depiction of practices like giving and receiving with the right hand, squatting to chat, and sitting cross-legged to learn. In the final pages, he paints a panel of proud young brown women whose faces and postures speak volumes about empowerment and hope.
AWARDS FOR TWENTY-TWO CENTS:
2014 Junior Library Guild Selection
2014 CCBC Choices Annual Best Children’s Books of the Year – Cooperative Children’s Book Center
2015 Best Children’s Books of the Year – Bank Street College of Education
2015 Notable Books for a Global Society – Children’s Literature & Reading Special Interest Group of the International Reading Association
2015 Best Multicultural Books – Center for the Study of Multicultural Children’s Books
2015 Skipping Stones Honor Award – Skipping Stones: An International Multicultural Magazine
2015 South Asia Book Award – South Asia National Outreach Consortium
2015 2015 Social Justice Literature Award – International Literacy Association

For details see the following link: https://www.leeandlow.com/books/2851

Youth Unemployment will be the Theme of Sixth Social Business Day

 
Yunus Centre Press Release for Social Business Day 2015
Social Business Day 2015
The 6th annual Social Business Day organized by Yunus Centre will be held on May 28, 2015 with the theme of “We Are Not Job-Seekers, We Are Job-Givers—Turning Unemployment into Entrepreneurship” at Bangabandhu International Conference Center (BICC), Dhaka.

The gathering is organised every year as an opportunity to meet, connect, had have discussion among with the global social business community with the purpose of developing effective solutions to solve society's most pressing problems, for example, unemployment. This event discusses the innovative ways to fight social and economic problems through social businesses.

This year’s Social Business Day, as before, will be a daylong programme which will include plenary discussions among distinguished participants. Participants will hear first-hand accounts from representatives of social business organizations around the world.

PROFESSOR MUHAMMAD YUNUS LAUNCHED SOCIAL BUSINESS IN ALBANIA

ムハマド・ユヌス教授はアルバニアでソーシャルビジネスを始めた

2013年1月28日10時43分(月曜日)

ムハマド・ユヌス教授は、2013年1月21日(彼の3日間の滞在のうちの初日)、ティラナビジネスグループ(ドイツの企業リンドナーグループのアルバニアへの出資)との職業訓練におけるソーシャルビジネスジョイントベンチャー出資に合意した。

式典はアルバニア首相サリ・ベリシャの同席のもと、アルバニアのティアラビジネスパークの建設現場にてとりおこなわれた。職業訓練センターにより、若者の失業者に多くの需要ある技術が提供されるだろう。センターはまず、新たな配管工、電気工、産業用機械工を育てる。そして、後に多くの科目が追加されることとなっている。職業学校はティアナビジネスパークキャンパスに作られ、ティアラビジネスパーク sh.p.kとドイツの親会社の専門知識を身につけることができるだろう。

ムハマド・ユヌス教授は北のシュコドラ地域で2つの手工芸ワークショップの女性に会うことから3日間の滞在を始めた。ユヌス教授はヤギのミルク生産者のToninKoleci氏と地方の「スローフード」レストラン経営者AltinPrenga氏に会った。

2013年1月22日、ムハマド・ユヌス教授は名誉ゲストとして、アルバニアソーシャルビジネスデイというイベントに参加した。アルバニアの首相、H.E.サリ・ベリシャを始め、政府の優れたメンバーたち(労働、社会情勢、機会均等に携わる省のSpiro Ksera大臣、財務省のRidyan Bode大臣、農業に携わる省のGencRuli大臣、教育に携わる省のMygeremTafaj大臣)もそのプログラムに参加した。

その後、ムハマド・ユヌス教授はユヌスソーシャルビジネスを代表して、アルバニアの8つの大学との合意に達した。その大学とは、ティラナ大学、ティラナ農業大学、エポカ大学、ティラナ欧州大学、エルバサン大学、コース大学、ティラナニューヨーク大学、ティラナビジネス大学である。

MoUsによれば、教える内容にソーシャルビジネス理論と実践を含むこと、ソーシャルビジネスの考えを研究や他のジョイント活動に組み入れて教える共同努力することが約束されている。

彼はソーシャルビジネスの概念を宣伝したり、ソーシャルビジネスのサポートをするプログラムを共同で作ったりするため、国際開発計画、国連女性機関、アルバニア投資開発機関と共にMoUsにサインした。

CREATING A WORLD WITHOUT POVERTY

【2050年の世界】 

バングラデシュで始まった、マイクロファイナンスの貸し手でありコミュニティを育んでいく銀行であるグラミン銀行は、世界中の貧困を撲滅するために活動しています。 

しかし、ノーベル賞の受賞者であるムハマド・ユヌス教授が、2050年までに実現したいと思っている目標は何でしょうか? 

「貧困のない世界を創る」という著書の中で、ムハマド・ユヌス教授は、グローバリゼーションの究極の目標とみなしているものについて述べています。 

2050年までに実現していて欲しいと思っている世界を、以下にリストにしておみせしましょう。 

以下のリストは私の夢ですが、私の夢の多くがあなた達の夢と一致する事を願っています。 

もちろん、私は自分の夢を愛してるのと同じ様に、あなたの願い事リストに書かれてある多くの夢を愛しています。 

私がのぞむ、2050年の世界
世界のどこにも、貧乏な人達も、物乞いも、ホームレスも、ストリートチルドレンもいません。どの国にも、貧困博物館があります。 (原文:Every country will have its own poverty museum.意訳:「どの国も、貧困が過去のものとなっています。」の方がいいかな?) 

貧困博物館は、貧困から抜け出した国に昔貧困があったという名残として存在しています。世界のどの国に行くにも、パスポートもビザもいりません。すべての人間が、真の意味での等しく国際社会の一員です。 

戦争もなく、戦争に備えている事もなく 

戦争のための軍隊を設立することもありません。 

核兵器や大量殺戮兵器も一切存在しません。 

「輝かしい未来」 

世界のどこにも、ガンからエイズといった様な不治の病は存在しません。 

病気をしてもすぐに効果的な治療が受けれる様になり、 

病気のままでいることが、非常にまれなケースになっています。 

質の高いヘルスケアを、みんなが受ける事が出来ます。 

幼い子供や母親が亡くなる事は、過去の出来事となっています。 

世界のどこにいても、だれでもグローバルな教育システムにアクセスする事ができます。 

すべての子供達が、楽しくワクワクして、学びや成長を経験します。 

子供達の成長が世界のほかの人達の成長と同じ価値をもつと考える人達を、子供達が思いやりたくさんの事を共有する時、彼らは成長していきます。 

(訳文に自信なし。原文:All children will grow up as caring and sharing persons, believing that their own development should be consistent with the development of others in the world. 

「心強い起業家精神」 

個人、企業や各種機関が、豊かさを他人にもたらしたり、所得格差を無関係な問題とする時、 

個人、企業や各種機関が、豊かさをシェアしたり活発に活動する事が、グローバルな経済システムによって促進されます。 

(訳文に自信なし。原文:The global economic system will encourage individuals, businesses and institutions to share their prosperity and participate actively in bringing prosperity to others, making income inequality an irrelevant issue. 

「失業」や「貧しい人々に対する施し」といった話題を耳にしなくなります。 

ソーシャルビジネスが、ビジネスの世界でのかなりの割合を占める様になります。 

グローバルな通貨は、たった一つとなります。 

硬貨と紙幣という通貨は、過去のものとなります。 

「銀行の未来」 

未来の銀行は、テクノロジーによって、政治家や役人、ビジネスマン、情報機関、地下組織やテロリストの、すべての秘密の銀行口座や取引内容を簡単に見つけたり、監視する事ができます。 

あらゆる種類の世界最高の金融サービスを、世界のだれもが利用できる様になります。 

「持続可能なライフスタイル」 

すべての人々が 適切なテクノロジーに基づいた、持続可能なライフスタイルを維持する事を義務づけられています。 

太陽光、水力、風力が主なエネルギー源になっています。 

人類は、地震や台風、津波やその他の災害を正確に予測する事ができ、 

被害や失われる命を最小限に食い止める事が出来るようになります。 

「すべての文化、民族、宗教が、人間社会という壮大な一つのオーケストラを奏でる楽器の一つとして 自身がもつ美しさを存分に表現しています」 

人種、地域、性別、性的指向、政治的信念、言葉、文化やその他のいかなる要素をもっていても、 

差別される事がありません。 

「世界の通信手段」 

紙を必要としないため、木を伐採する必要がありません。 

どうしても「紙」が必要な場合は、微生物が分解する事ができて、再生可能な紙に近いものを使います。 

基本的な通信手段は、ワイヤレスで通信する事ができ、ほとんどコストがかかりません。 

「文化的なアイデンティティの保護」 

すべての人々が、自分たちの言葉で、読んだり、聞いたりします。 

自分たちの言葉で話したり、読んだり、書いたりしても 

テクノロジーによって、受け取り側は自分たちの言葉に翻訳されたものを受け取る事が出来ます。 

だれかが喋ったコンテンツやダウンロードした、いかなる言葉のコンテンツも、ソフトウェアとガジェットによって即座に自分たちの言葉に翻訳されます。 

世界のどんなTV番組も、言葉も自分たちの言葉で見る事ができます。 

すべての文化、民族、宗教が、人間社会という壮大な一つのオーケストラを奏でる楽器の一つとして 自身がもつ美しさや創造性を存分に表現しています。 

すべての人々が、継続的なイノベーションをしたり、 

物事を再構築したり、コンセプトやアイデアをとらえ直す環境を楽しんでいます。 

「人の無限の可能性」 

すべての人々が、自分の可能性の限界を広げていくことに集中し、 

平和、調和や友情を世界にシェアしています。 

私たちがそれらに基づいて活動すれば、すべての事は達成できます。 

私たちが未来に向かっていくにつれて、 

私たちの夢が実現する事がどんどん簡単になっていくと私は信じています。 

今難しいのは、私たちの思いを形にしていく事です。 

私たちが達成したい事に賛同する人達が増えるに従って、 

私たちが目指すものが実現するのが、早くなっていきます。 

「夢の実現」 

私たちは、日々の仕事や人生を楽しむのにとても忙しくしがちです。 

そのため、人生という旅路の中で自分が今どこにいるかを見つめる事を忘れてしまい、 

最終的に願う世界を現実化する時間をとることを忘れてしまいます。 

いったん自分がどこに行きたいかを知れば、そこに行き着くのがより簡単になります。 

私たちがこの世から旅経つ時、望む世界を実現するため、 

それぞれが自分だけの願い事リストを書き上げるといいでしょう。 

いったん願い事リストを作ったら、 

私たちが目的地に近づいているかどうか、日々思い出すため、 

願い事リストを家の壁にかけておくといいでしょう。 

編集記:要点は、ムハマド・ユヌス教授の著書「貧困のない世界を創る」から採用されました。 

著作権は、Public Affairsに帰属(2007年)。出版社の許可を得て再版されました。 

【2050年の世界】 

バングラデシュで始まった、マイクロファイナンスの貸し手でありコミュニティを育んでいく銀行であるグラミン銀行は、世界中の貧困を撲滅するために活動しています。 

しかし、ノーベル賞の受賞者であるムハマド・ユヌス教授が、2050年までに実現したいと思っている目標は何でしょうか? 

「貧困のない世界を創る」という著書の中で、ムハマド・ユヌス教授は、グローバリゼーションの究極の目標とみなしているものについて述べています。 

2050年までに実現していて欲しいと思っている世界を、以下にリストにしておみせしましょう。 

以下のリストは私の夢ですが、私の夢の多くがあなた達の夢と一致する事を願っています。 

もちろん、私は自分の夢を愛してるのと同じ様に、あなたの願い事リストに書かれてある多くの夢を愛しています。 

私がのぞむ、2050年の世界
世界のどこにも、貧乏な人達も、物乞いも、ホームレスも、ストリートチルドレンもいません。どの国にも、貧困博物館があります。 (原文:Every country will have its own poverty museum.意訳:「どの国も、貧困が過去のものとなっています。」の方がいいかな?) 

貧困博物館は、貧困から抜け出した国に昔貧困があったという名残として存在しています。世界のどの国に行くにも、パスポートもビザもいりません。すべての人間が、真の意味での等しく国際社会の一員です。 

戦争もなく、戦争に備えている事もなく 

戦争のための軍隊を設立することもありません。 

核兵器や大量殺戮兵器も一切存在しません。 

「輝かしい未来」 

世界のどこにも、ガンからエイズといった様な不治の病は存在しません。 

病気をしてもすぐに効果的な治療が受けれる様になり、 

病気のままでいることが、非常にまれなケースになっています。 

質の高いヘルスケアを、みんなが受ける事が出来ます。 

幼い子供や母親が亡くなる事は、過去の出来事となっています。 

世界のどこにいても、だれでもグローバルな教育システムにアクセスする事ができます。 

すべての子供達が、楽しくワクワクして、学びや成長を経験します。 

子供達の成長が世界のほかの人達の成長と同じ価値をもつと考える人達を、子供達が思いやりたくさんの事を共有する時、彼らは成長していきます。 

(訳文に自信なし。原文:All children will grow up as caring and sharing persons, believing that their own development should be consistent with the development of others in the world. 

「心強い起業家精神」 

個人、企業や各種機関が、豊かさを他人にもたらしたり、所得格差を無関係な問題とする時、 

個人、企業や各種機関が、豊かさをシェアしたり活発に活動する事が、グローバルな経済システムによって促進されます。 

(訳文に自信なし。原文:The global economic system will encourage individuals, businesses and institutions to share their prosperity and participate actively in bringing prosperity to others, making income inequality an irrelevant issue. 

「失業」や「貧しい人々に対する施し」といった話題を耳にしなくなります。 

ソーシャルビジネスが、ビジネスの世界でのかなりの割合を占める様になります。 

グローバルな通貨は、たった一つとなります。 

硬貨と紙幣という通貨は、過去のものとなります。 

「銀行の未来」 

未来の銀行は、テクノロジーによって、政治家や役人、ビジネスマン、情報機関、地下組織やテロリストの、すべての秘密の銀行口座や取引内容を簡単に見つけたり、監視する事ができます。 

あらゆる種類の世界最高の金融サービスを、世界のだれもが利用できる様になります。 

「持続可能なライフスタイル」 

すべての人々が 適切なテクノロジーに基づいた、持続可能なライフスタイルを維持する事を義務づけられています。 

太陽光、水力、風力が主なエネルギー源になっています。 

人類は、地震や台風、津波やその他の災害を正確に予測する事ができ、 

被害や失われる命を最小限に食い止める事が出来るようになります。 

「すべての文化、民族、宗教が、人間社会という壮大な一つのオーケストラを奏でる楽器の一つとして 自身がもつ美しさを存分に表現しています」 

人種、地域、性別、性的指向、政治的信念、言葉、文化やその他のいかなる要素をもっていても、 

差別される事がありません。 

「世界の通信手段」 

紙を必要としないため、木を伐採する必要がありません。 

どうしても「紙」が必要な場合は、微生物が分解する事ができて、再生可能な紙に近いものを使います。 

基本的な通信手段は、ワイヤレスで通信する事ができ、ほとんどコストがかかりません。 

「文化的なアイデンティティの保護」 

すべての人々が、自分たちの言葉で、読んだり、聞いたりします。 

自分たちの言葉で話したり、読んだり、書いたりしても 

テクノロジーによって、受け取り側は自分たちの言葉に翻訳されたものを受け取る事が出来ます。 

だれかが喋ったコンテンツやダウンロードした、いかなる言葉のコンテンツも、ソフトウェアとガジェットによって即座に自分たちの言葉に翻訳されます。 

世界のどんなTV番組も、言葉も自分たちの言葉で見る事ができます。 

すべての文化、民族、宗教が、人間社会という壮大な一つのオーケストラを奏でる楽器の一つとして 自身がもつ美しさや創造性を存分に表現しています。 

すべての人々が、継続的なイノベーションをしたり、 

物事を再構築したり、コンセプトやアイデアをとらえ直す環境を楽しんでいます。 

「人の無限の可能性」 

すべての人々が、自分の可能性の限界を広げていくことに集中し、 

平和、調和や友情を世界にシェアしています。 

私たちがそれらに基づいて活動すれば、すべての事は達成できます。 

私たちが未来に向かっていくにつれて、 

私たちの夢が実現する事がどんどん簡単になっていくと私は信じています。 

今難しいのは、私たちの思いを形にしていく事です。 

私たちが達成したい事に賛同する人達が増えるに従って、 

私たちが目指すものが実現するのが、早くなっていきます。 

「夢の実現」 

私たちは、日々の仕事や人生を楽しむのにとても忙しくしがちです。 

そのため、人生という旅路の中で自分が今どこにいるかを見つめる事を忘れてしまい、 

最終的に願う世界を現実化する時間をとることを忘れてしまいます。 

いったん自分がどこに行きたいかを知れば、そこに行き着くのがより簡単になります。 

私たちがこの世から旅経つ時、望む世界を実現するため、 

それぞれが自分だけの願い事リストを書き上げるといいでしょう。 

いったん願い事リストを作ったら、 

私たちが目的地に近づいているかどうか、日々思い出すため、 

願い事リストを家の壁にかけておくといいでしょう。 

編集記:要点は、ムハマド・ユヌス教授の著書「貧困のない世界を創る」から採用されました。 

著作権は、Public Affairsに帰属(2007年)。出版社の許可を得て再版されました。 

Details Information

インターンシップについての詳細情報

ユヌスセンターとグラミンソーシャルビジネスについて
ユヌス教授とグラミン銀行がノーベル平和賞と世界の関心を集めた200610月以降、ユヌスセンターの役目は継続的に増え続けています。この増え続ける世界からの関心に対応する為、ユヌス教授の哲学を広める目的でソーシャルビジネスにフォーカスをおいた組織であるYunus Secretariatが設立されました。

そして20087月、Yunus Secretariatはユヌス·センターと改名されました。

 

以降、ユヌスセンターは、世界とバングラデシュ国内の両方でグラミンソーシャルビジネスに関する活動のワンストップリソースセンターとなりました。ユヌスセンターはソーシャルメディアや書物、ウェブサイトなどの様々な媒体を通して世界的なソーシャルビジネスの活動を促進しています。

さらにユヌスセンターは世界中のソーシャルビジネス組織間の継続的な関係を築いています。

ユヌスセンターは、ノーベル平和賞受賞者であるムハマド·ユヌス教授が議長を務め、そのエグゼクティブ·ディレクターはラミーヤモシェッドさんが務めています。

ユヌス教授は現在の資本主義体制の中で取り上げられていない未解決な問題に対処する為、長期に渡ってグラミンソーシャルビジネスの創出を推進してきました。簡単に言えば、グラミンのソーシャルビジネスの社会的目標を達成するために無配当で、無損失の会社ということになります。ソーシャルビジネスでは、投資家が時間をかけて投資した分のお金を取り戻しますが、投資した金額を超えて配当を受け取ることはありません。グラミン銀行は貧しい人々の株主であり、ソーシャルビジネスの一例なのです。ユヌスセンターの究極の目標は、各地域(村、都市、郡、州、および国)の貧困を救い、貧困をテーマにした美術館を作成することです。ユヌスセンターはワークショップ、インターンシップ、プロジェクトなどを通じてそのコンセプトを浸透させることで個人ならびに組織にソーシャルビジネスを維持、促進するよう働きかけています。

インターンシッププログラムの目標

ユヌスセンターの目標はソーシャルビジネスのインキュベーションのためのグローバルCOEとなることです。それはソーシャルビジネスのアイデアの研究と開発のための基盤になります。

ユヌスセンターインターンシッププログラムを通して個々での分野でリーダーシップを認められた一流の学生やビジネスマン、科学者、起業家、ソーシャルビジネスに対して関心を持つ投資家などを見つけることが出来るかもしれません。

素晴らしいアイデアを引き寄せ、そしてそれらをユヌスセンターに留めておく為にもこのプログラムの構造やしくみを標準化し統一することは非常に重要なことです。ソーシャルビジネスを背景に似たような考えを持つ仲間と働きたいと考える参加者はユヌスセンターのインターンシッププログラムを通してそういった仲間を見つける環境が整えられていることに気づくはずです。

ユヌスセンターはマイクロクレジットの促進やソーシャルビジネスの創造などを含む世界中の貧困からの解放というムハマドユヌスの考え方を受け継いでいます。

ソーシャルビジネス部門はめったに体験出来ないようなダイナミックなソーシャルビジネスの開発に対する体験とソーシャルビジネスに対しての深い理解を実在するソーシャルビジネスを通して学ぶことが出来ます。

到着時にインターン参加者は5日間、村での生活を体験し、グラミン銀行の哲学と運用方法ならびに借り手とバングラデシュの経済や文化的な生活に対してのグラミンの影響について学ぶ機会を与えられます。さらに提携会社を訪問する機会を持ことが出来ます。

ユヌスセンターインターンシップについては、ページ5-8に詳細が記載されています。

知識とスキル

ソーシャルビジネスやマイクロファイナンス、貧困の撲滅、ユヌスセンターのプロジェクトを取り巻く問題に関して関心と熱意があること

仕事に関して個人またはチームの一員として強い倫理観と能力があり締め切りを守る能力があること

グローバルビジネスについての理解

  1. やインターネットアプリケーションに堪能でオフィス環境で働いた経験があること

英語に堪能でバングラについての知識があること

些細なことに気がつき締め切りを守れること

インターンシップは三ヶ月は無給です。インターンシップは現地時間の朝10時から午後6時、日曜日から木曜日まで働くことができ、インターンシップが終わった際にスーパーバイザーに報告書を提出出来る方が対象です。

興味がある方は   This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.  に連絡して下さい。インターンシップには締め切りは無く、年中通して応募出来ます。もしも審査に通った場合はこちらから連絡致します。 

 

hard-extreme.com tellyseries